元営業マン・ヒロシちゃんの昼の即乗をやりました。・・・新人研修・EP-010・2019年・4月4日・木曜日

2019-0404

元営業マン・ヒロシちゃんの昼の即乗をやりました。。・・・新人研修・EP-010・2019年・4月4日・木曜日

KAZ
「 いよいよ・・・。 」

新人教習ーエピソードー010

◆ ヒロシちゃんの昼の即乗をやりました。

ヒロシ

◆ 兵庫県在住、50代後半の男性。

妻と2人の18歳になる大学生の子供あり。

KAZブログの記事にも、何度か登場してる。

彼の前職は、製薬会社の営業マン。

当然ながら、退職時の年収は、軽く大台に乗っていた。

再就職

◆ 俺は、会社員として、そんな年収を稼いだ事がないけど、そのレベルになると、多額の税金も払ってたんやろう。

ヒロシちゃんは、色んな事情で、前職の会社を去る事になり、新しいスタートを始める為の仕事を探してた。

前職の年収を考えると、同業他社への再就職が有力な候補になって、その面接も受けてた。

しかしながら、ヒロシちゃんは悩んでた。

前職とは違う仕事をしてみたい、とも、思ってた。

家族の生活を変えたく無ければ、前職と同額とまではいかなくても、ある程度の年収が必要。

そんな流れから、前々から気になってた、タクシードライバーについて調べ始める。

そんな時に、

◆ KAZブログに出会った。

ヒロシちゃんは、KAZに連絡を取り、ワンコインドームの面接を受けた。

面接をしたのは、ケンタ。

ヒロシちゃんは、言葉使いも丁寧で人当たりも良く、タクシードライバーとして、是非とも欲しい人材やった。

KAZは、考えた。

◆ ワンコイングループに、欲しい人材ではあるけど、ヒロシちゃんが、前職と同じ仕事に付けるなら、タクシーよりも、そっちを選んだほうが良いのでは無いか?

面接をしたケンタに相談したら、俺と同じ事を考えてた。

ケンタと俺の意見は、一致した。

例え、ウチの会社が欲しい人材であっても、今の彼にとって何が最善なのかを第一に考えよう。

俺とケンタの考えを、ヒロシちゃんに連絡した。

製薬会社で気になる会社があれば面接を受けて、その結果が出てから、ウチの会社に来るかの返事を下さい。

ウチの会社への返事はいつでも構いません。

その日から、、数ヶ月、、、

◆ ヒロシちゃんは、今日。

俺を助手席に乗せて、550を運転してる。

ゆっくりと時間をかけて、縁、が繋がった。

俺は、教官として、

新人タクシードライバーとしての、接客の極意と、知っておかなアカン最低限の地理を教えた。

ヒロシちゃんは、今までの運転の癖が残ってた。

今日の即乗で、俺がその癖をチェックして、指導させて貰った。

目視確認、車線変更ウィンカーのタイミング、シフト操作、スピード調整、

長時間走るタクシードライバーは、その運転時間の長さと疲労度に比例して、危険度も増していく。

悪い運転の癖を直せないドライバーは、事故の確率も多くなる。

早期に癖を直す事で、事故や違反をしないようなドライバーになって欲しい。

あす金曜日から、彼は一人立ちする。

応援してくれる家族の為に、

頑張れ!

ヒロシちゃん!

KAZ
「 安全運転でね。 」




日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス 日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス