迎車料金の真実・弐ノ型・・2020年10月29日

迎車料金の真実・弐ノ型・・2020年10月29日

KAZ
「 。 」

迎車料金の真実・弐ノ型

配車、迎車料金が貰えるようになって変わったのは、

売り上げだけでは無い。

アプリ配車でのストレスが激減したんや。

それでは、

迎車料金が貰えて無い頃に、

どんなストレスがあったのかを羅列してみる。

、ケタ・ワンメーターの距離でも普通に待たされる。

、イライラ、、

、北新地・ミナミインで時間を奪われる。

、イライラ、イライラ、、

、ミナミインで危険を感じる。

、イライラ、イライラ、イライラ、、

、、ざっとこんなもんかな。

これらのストレスが、

400円の迎車料金を貰える事で、

別料金を貰ってるから、まぁしゃーないか、、

と、思えるようになった。

要は、金と気の問題。

時間的なロスは、400円でカバー出来てる。

俺らのアプリ配車ストレスは軽減されたけど、

迎車料金を貰えないタクシー会社のドライバーは、

それらのストレスと今でも対峙して乗務してる。

俺は両方を知ってるから、不敏に思う。

お客さんに対してストレスを感じてるって事は、

接客にも影響が出ている。

不機嫌になって無愛想な態度で、

お客さんに接する事例も否定できない。

迎車料金を貰わない=接客サービスの低下

これ、否定できる?

、、いやいや、、

、、それは絶対に無いと否定する管理職が居てたら、

そいつは大嘘つきや。

そんな奴、信じたらあきまへん。

あのな、、

ワンメーターを稼ぐのに、

お迎えに5分かかって、

10分待たされて、

三津寺や宗右衛門町に入らされて、

そこから出るのに、もう5分かかって、、

ワンメーター稼ぐのに、20分もかかって、

それが3回続いて1時間の売り上げが千円台でも、

あなた笑顔で接客、出来ますか?

ほらな、

接客に影響、あるやろう。

迎車料金が400円貰えたら、少しは気分もマシなんやて。

まだ書く事あるから、

次回に続く、、

KAZ
「  」




日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス 日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス