2021年・5月度・夜勤 5乗務の売り上げ

2021年・5月度・夜勤 5乗務の売り上げ

KAZ
「 。 」

2021年、5月度の売り上げが整いました。

ので、ちょい整理。

夜勤、12時間×5乗務

( DiDi講習会1日・Uber講習会&付け待ち現地講習会1日・実労7日 )

純粋な休みは、23日間でした。

なんぼなんでも、休みすぎやな、、申し訳ない、、

税抜き売り上げ合計、206,000円/5乗務(前月・585,330円/13乗務)

税抜き売り上げ平均、41,200円(前月・45,025円)

自腹高速代、1,070円。

チップ、740円

税抜き、最高売り上げ、50,850円

税抜き、最低売り上げ、29,760円

税抜き3万割れ、1回

税抜き5万を超えたのが、1回

5月度・詳細データ分析

総乗車回数、122回/月(前月306回/月)

平均乗車回数、24.40回/日(前月23.54回/日)
12月度が23.4回/日 ⇒⇒ 1月度が22.8回/日 ⇒⇒ 2月度が25.4回/日
3月度が24.2回/日 ⇒⇒ 4月度が23.54回/日 ⇒⇒ 5月度が24.40回/日

・・・平均乗車回数が少しアップ・あとで解説します・・。

DiDi 、28回/月・5.6回/日(前月99回/月・7.6回/日)

Uber、18回/月・3.6回/日(前月26回/月・2.0回/日)

アプリ総合計、46回/月(前月125回/月)

アプリ獲得平均、9.2回/日(前月9.6回/日)

・・・DiDiが減った分をUberでカバー出来たのでアプリ獲得平均は変わらないですね・・・

迎車料金400円×46回=18,400円(税込み)⇒ を税抜きに直します⇒ 16,728円(税抜き)

約37%がアプリ配車(前月約40%)

◆ 総乗車回数、122回の内、約37%、にあたる 46回がアプリ配車によるものでした。

アプリ配車の割合の推移ですが、
12月度が約 43% ⇒⇒ 1月度が約 45% ⇒⇒ 2月度が約 47%
⇒⇒ 3月度が約 38% ⇒⇒ 4月度が約 40% ⇒⇒ 5月度が約 37%

・・・アプリ配車の割合がダウン・これも、あとで解説します・・。

約8.1%が迎車料金(前月約 7.7%)

◆ 税抜き売り上げの、約8.1%、が迎車料金によるものでした。

12月度が約 8.8% ⇒⇒ 1月度が約 9.6% ⇒⇒ 2月度が約 11.2%
⇒⇒ 3月度が約 8.5% ⇒⇒ 4月度が約 7.7% ⇒⇒ 5月度が約 8.1%

5乗務した分の額面給与は、約 12.3万

( 側乗などの手当は含みません・救済措置の賃率60%で計算 )

今月は17日分の休業補償で、約23万が加算される予定なので

5乗務で、、

休業補償を合わせると、額面で、約35万あります。

( 側乗手当などは含みません・・ )

そこから、税金などが引かれますけど、、

5乗務でも生活できる収入です。

今月は、ちょっと買い物しすぎたから貯金はできないかな・・

 総評 

アプリ配車の獲得割合が減少傾向にあるのに平均乗車回数は維持できていますね。

アプリが不調なら、自力で乗せるまでよ!って事が出来るのは底力やと思ってます。

各社の新人さんへ・・

目先の売り上げ欲しさに最初からアプリ頼みのタクシー営業をやると底力は身につかないよ。

肝心要の指導者が、木を見て森を見ず、では話しにならない・・

俺が預かる新人さんは、その底力がつくよう計画的に指導してる。

指導者が違えば結果に大きな違いが出る事なんて中学生でも知ってる常識な。

追記、、

◆ 5月度は、5回の乗務でした。

5月度は、まん防から緊急事態宣言へと地合いが悪化、、、

もうチョイ頑張れたと思うけど、、

心理的にゴールデンウイークモードになってしまい、、

結局、5乗務に留まりました、、ホンマに、申し訳ない、、

おかげ様で、ゆっくり、のんびりとは出来たけど、、

あんまし休むと身体が可笑しくなってくるわ、、

6月度は、また早々に新人さんが入って来るので、しっかりとサポートしていきます!

タクシーの神様、今月も、ありがとうございました!

大阪タクシードライバー最高ぉう!

皆さま、またね!

オー、イェーイ!

KAZ
「  」




日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス 日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス